[8/25]シニアの方向けスマホ教室 地図編 8252

概要

  1. インターネットは世界旅行
  2. スマホを確認しよう(iPhone?Android?らくらくスマートフォン?)
  3. マップアプリを使おう
  4. 経路検索(徒歩)
  5. 経路検索(車)
  6. 経路検索(電車)
  7. ストリートビューを使おう
  8. 位置情報サービス設定について
  9. 相談室

インターネットは世界旅行

インターネットは世界旅行
一見違和感を覚える人もいるかも知れません。


初めての海外旅行に出かける時、あなたは何をしますか?
その国は安全か?その国の言語はなにか?どの飛行機をつかうか?どこのホテルにとまるか?危険な場所はあるか?
などなど調べませんか?
インターネットの世界も同じです。

観光地のような楽しいウェブページもあれば、
絶対に近寄ってはいけない危険なウェブページもあります。

海外ってよくわからないから危ないよね。なんて言ってはいけません。
調べれば安全な国、観光地でのマナーなどわかります。

インターネットも同様です。
「ののじITの森」では、
「インターネットの世界へ一人で旅行にいける人」になるためのサポートを致します。
皆さん、怖がることなく、 まずは一緒に世界を廻りましょう!


また、ののじITの森では、紙でお渡しする資料はほとんどありません。
地球環境を考えてのこともありますが、その他にも参加者の方は、
私達がお渡しした資料を、持ち歩く必要も管理する必要もなくなるからです。
このページのURLさえ知っていれば、いつでも、なんどでも読むことができます。
これは新しく大きな挑戦です。
多くの場合、団体が提供する場では分厚い紙の資料が必須になります。
ののじITの森では、それを廃止しました。

しかし、この習慣に慣れるまでは大変かと思います。
「忘れてしまった…」
問題ありません!!
そんなときは、いつでも連絡をしてください。

自分のスマホが何かを確認しよう

あなたのスマートフォンはなに?

今あなたが手に持っているスマートフォンの種類を確認しましょう。
スマートフォンは種類によって操作方法、使える機能が大きく変わります。

多くの場合、スマートフォンは下の3つに分類されます。
質問をする際に、最も重要な情報ですので、
ぜひ自分のスマートフォンの種類を覚えてください。

  • アイフォーン(iPhone)
  • アンドロイド(Android)
  • らくらくスマートフォン

アイフォーン(iPhone)

iPhone

アイフォーン(iPhone)は日本で一番普及しているスマートフォンです。
Appleという会社が作りました。
欠けたりんごがトレードマークになっています。


スマートフォンを裏返して「りんごのマーク🍎」があれば

それは「アイフォーン」です。

アンドロイド(Android)

Android like illust

アンドロイド(Android)は日本ではアイフォーン(iPhone)の 次に普及しているスマートフォンです。
ソニーやシャープ、サムスンなどが作ったスマートフォンを総称して アンドロイド(Android)と呼ばれます。
スマートフォンを裏返して「りんごのマーク🍎」が無かったり、
販売店員の人に「ソニーのやつ」「シャープのやつ」などと言われていたら
それは「アンドロイド」です。

らくらくスマートフォン

シニア向けらくらくスマートフォン

らくらくスマートフォンはドコモが販売しているシニアの方向けのスマートフォンです。
画面をみる表側の上の方に「Docomo」と書いてあるスマートフォンは
「らくらくスマートフォン」です。

多くの場合、スマートフォンはこれら3つに分類されます。
スマートフォンは種類によって操作方法、使える機能が大きく変わります。
質問をする際に、最も重要な情報ですので、ぜひぜひ自分のスマートフォンの種類は覚えておくようにしてください。

それでは、さっそくスマートフォンを使ってみましょう!!

地図アプリを使おう

地図アプリの使い方

それでは、地図アプリを使ってみましょう!
今回は、iPhone, Android共通で「Google Maps」というアプリを使います。
まずはインストールから始めましょう。

Google Mapsのインストール方法

◉インストール(地図アプリを使えるようにする)

「App Store」をタップし、「マップ」で検索をし、Googleマップをインストールする。
 初めてインストールする場合は「入手」をタッチ。以前アンインストールしており、改めてインストールする場合は雲のマークをタッチします。

インストール開始。

「■」マークが消えて「開く」が表示されると使えるようになります。

◉経路検索 (徒歩)

①画面上のアプリ一覧から「Google Maps」をタッチします。

②入力欄に目的地を入力します。建物名や駅名、住所等で検索することが出来ます。

③左下の「経路」をタッチします。

④徒歩での経路を検索をする時はこちらの「人が歩いているマーク」を選択します。
⑤経路が問題なければ「開始」をタッチします。

⑥「いつでも経路」は多くの場合、必要が無いので、特段必要がなければ「閉じる」を選択します。

⑦GoogleMapsナビが始まるので「OK」をタッチします。

以上で経路が表示されます。
現在地から目的地までの経路案内が開始されます。
*移動中はスマートフォンに集中しすぎず、周りをみて安全に移動してください。

※出発地点は現在地だけではなく、任意の住所や駅名、建物名等を入力して検索することが可能です。

◉経路検索(車)

①画面上のアプリ一覧から「Google Maps」をタッチします。
②入力欄に目的地を入力します。建物名や駅名、住所等で検索することが出来ます。
③左下の「経路」をタッチします。
④車での経路を検索をする時は「車のマーク」を選択します。
⑤経路が問題なければ「開始」をタッチします。
⑥現在地から目的地までの経路案内が開始されます。

(*移動中はスマートフォンに集中しすぎず、周りをみて安全に移動してください。)
※出発地点は現在地だけではなく、任意の住所や駅名、建物名等を入力して検索することが可能です。

◉経路検索(電車)

①画面上のアプリ一覧から「Google Maps」をタッチします。
②上にある入力欄に「目的地の駅名」を入力します。
③該当する駅を選択します。
④電車での経路を検索をする時は「電車のマーク」を選択します。
⑤「おすすめのルート」、または他に候補があれば、その中から選択してください。
⑥選択すると自動で、経路のナビが動き出し、 現在地から目的地までの電車での経路が表示されます。

(*移動中はスマートフォンに集中しすぎず、周りをみて安全に移動してください。)
※出発駅は現在地だけではなく、任意の駅名を入力して検索することが可能です。

◉ストリートビュー を使おう (実際の風景が見れる!)

ストリートビューはとても便利な地図機能です。
過去に行ったことのある観光地や、まだ見たことの無い絶景を眺めたりできます。その他にも、博物館や競技場、レストラン、お店などの施設の中の様子も見ることができます。

①画面上のアプリ一覧から「Google Maps」をタッチします。
②入力欄にストリートビューで調べたい場所を入力します。「建物名や駅名、住所等」で検索することが出来ます。
③検索した後、左下に小さく見えるの写真の部分をタッチします。
> タッチすると検索した場所の実際の風景が一面で表示されます。
④向きたい方向にタップ又はスワイプ操作をします。
⑤進行方向にタップ又はスワイプ操作をします。
思い出の場所、行ってみたい場所、実際の風景を見ながら地図を操作しましょう!

位置情報サービス設定について

位置情報設定はプライバシーに関わる設定です。
人によっては位置情報を使用していない場合があります。
その際に地図を使用したい場合、設定を変更する必要があります。

位置情報サービスをオフにした状態でGoogle Mapsを開くと現在地を表示することが出来ません。オンにするには
①右下にある「三角と❔」のボタンをタッチします。
②そうすると、位置情報サービスをオンにする手順が表示されるので、手順に従い設定を行ってください。

相談室

当日、参加者のご相談を受けました。

注)
* アプリやサービスなど、技術者の方からみると適切でない表現を使っている部分もあります(AndroidはスマートフォンじゃなくてOSだろ!!などなど)。
* 「たとえ目的が何であっても正確な表現を追求するべきだ!」と思ったあなた、ぜひ「ののじITの森」に協力してください。一緒に盛り上げてください。ボランティアのご協力お待ちしています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です