ののじITの森 会則

ののじITの森 会則

第1条 この会は、ののじITの森 (以下「本会」という。)と称する。 (事務所) 第2条 本会の事務所は、東京都杉並区西荻窪に置く。 (目的) 第3条 本会は、ITが生活インフラの基盤産業とした社会において、一人でも多くの人がIT機器、ITサービスに親しみをもち正しく活用できる社会の実現を目指した『ののじITの森』の準備・活動・運営の業務を円滑に進め、参加者相互の親睦を深めるための活動を行うことを目的とする。 (活動内容) 第4条 本会は前条の目的を達成するために、次の各号に該当する活動(事業)を実施 する。 1 情報システム普及活動、並びにその支援を受けた社会活動を促進するための行事協力
2 情報システム普及活動、並びにその支援を受けた社会活動を促進するためのプロジェクト協力事業
3 情報システム普及活動、並びにその支援を受けた社会活動を促進するための広報活動 4 その他本会の目的を達成するために必要な事項 (会員の資格) 第5条 この会の会員は、次の2種類とする。 (1)正会員は、本会の目的に賛同し、(本会でのボランティア活動を希望し、)入会登録を行った者とする。 
(2)賛助会員は、この会の事業を賛助するために入会登録を行った者とする。 (入会) 第6条 会員として入会しようとする者は、入会申込書を会長あて提出し、会長の承認を得るものとする。 (会費) 第7条 会員は、総会において定める会費を納入しなければならない。 2 会費は次の各号に掲げるとおりとする。 
(1)正会員 1000円 (2)賛助会員 500円 (退会) 第8条 会員は、退会届を会長に提出し任意に退会することができる。 2 会員が、次の各号のいずれかに該当する時は、退会したものとみなす。
 (1)本人が死亡したとき (2)会費を2年以上納入しないとき (役員) 第9条 本会に次の各号に掲げる役員を置く。 会長 1名 副会長 1~2名 事務局長 1名 会計 1名 (役員の職務) 第10条 会長は、会務を総理し、その業務を統括する。 2 副会長は、会長を補佐し、会長が不在のときは、その職務を代行する。 
3 事務局長は、本会の事務全般を担当する。 4 会計は、本会の出納事務を担当する。 (役員の選任) 第11条 会長、副会長(および事務局長)の選任は、会員から立候補及び推薦された者の中から総会において選出する。 2 事務局長は会長が指名する。 3 会計は、会長が指名する。
第9条に定める役員が欠けた時は、会長が兼務する。なお、会長が欠けた時は、新たな会長が決まるまでの間、副会長がその任務を行う。 (役員の任期) 第12条 役員の任期は、5年とする。ただし、再任を妨げない。 (役員の解任) 第13条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは、総会の議決により、これを解任することができる。 1 心身の故障により、職務の執行に耐えられないと認められるとき。 2 その他解任に相当する事項が認められるとき。 (総会) 第14 条 本会の総会は、正会員を持って構成し、毎年1回開催するものとする。但し、必要があるときは、臨時に総会開催することができる。 2 総会は、次の各号に掲げる事項について審議し、決定する。
(1)会則、事業等の改廃 
(2)事業計画並びに収支予算及び決算 (3)本会の解散 (4)役員の選任及び解任
(5)その他本会の運営に関し重要な事項 2 本会の会議は、会長が召集する。 3 総会の議長は、会長がこれに当たる。 4 本会の会議は、2分の1以上の出席で成立し、出席者の過半数で決議する。 (運営〔役員〕会) 第15条 運営(役員)会は、会長、副会長、事務局長をもって構成する。 2 運営(役員)会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決 を要しない業務の執行に関し、議決する。 (事業報告書及び決算) 第16条 会長は、毎事業年度終了後3ヵ月以内に事業報告書、収支計算書を作成し、総会の承認を得なければならない、 (事業年度) 第17条 この会の事業年度は、5月1日から翌年の5月31日までとする。 (事務局) 第18条 本会の事務局は、東京都杉並区西荻窪に置く。 (会計) 第19条 本会の経費は、会費、寄付をもって充てる。 2 本会の会計年度は、5月1日から翌年の4月31日までとする。 3 前項の会計年度に係る決算終了後、総会を招集し決算報告する。
4 本会は、会員に対して本会の指定する方法にて1年に1回以上の会計報告を行う。 (会員資格の抹消) 第20条 本会会員が次の各号に該当することになった場合は、運営会議の議決を経て登録を抹消することができる。 1 会員との連絡が取れなくなった場合。 2 1年以上、活動実績がない場合。ただし、休会届を提出した場合は、この限りでない。
 3 会員としてふさわしくないと認められる事実が発生した場合。 (会則の変更) 第21条 この会則の改正は正会員がこれを発議し、総会を招集し総会出席会員の3分の2以上の賛成を必要とする。
(免責規定) 第22条 本会及び本会の会員(会長及びその他の役員を含む。)は、本会活動に伴い生じた事故等に関し、いかなる責任も負わず、各会員の自己責任とする。 (その他)
第23条 この会則に定めるものほか、必要な事項は別に定める。
 付則 1 この会則は、令和元年5月1日から施行する。

2019年6月16日 改定